美希産業Recruit site

TRAINING 社員研修

始めたきっかけ

実際研修に取り組むようになった直接のきっかけは
08年の金融危機とそれに続く大不況です。
それ以前も従業員の技術力の向上には熱心に取り組んでおり、
それなりの仕事量は確保できていました。
しかし今後は他社との差別化のため、技術力はプロとして当然のこと
マナー・礼儀の向上、それと、徹底した安全教育が必要と考えました。

社長自らが実践!!

日曜日の研修ということもあり大変だと感じる
従業員もいたと思います。ただ私をはじめ幹部自らが率先して
行動することで従業員の意識も変わりました。
研修中だけでなく日々の業務の中でも常に実践し習慣化させました。
社長自ら実践することで、今では社風となっております。

具体的な研修内容

研修には外部の講師を招き、身だしなみやあいさつ・しゃべり方など第一印象を決定する基礎的な部分を重点的に鍛えます。
というのも初対面の人の評価は会ってから6秒で決まるからです。
人前で体を動かさなければ身につくものではないので、研修内容は従業員同士で5~6人のグループを作り、 挨拶のやり方など与えられた課題をお互いに見せ合う形で発表します。

研修を続けてはや10年

2ヶ月に1度30名程度の人数で研修を始めて、
はや10年になります。教育はすぐには結果は出ません。
続けることが大切です。
これからも細長く続けていきます。

「安全第一」は
当社の企業文化です

建設工事現場では、多様な職種、工程があり危険の芽はどこにあるのか、中々把握できません。
当社は作業員の安全を第一に考え、実行できるように、作業員の皆さんへの安全教育を実施しています。
更に工事関係者、営業関係者もしっかり安全管理の要点や、最新の法令改正を学び、
無事故無災害を達成すべく経営幹部も参加して安全講習会を開催しています。
安全教育および安全講習は国家資格である労働安全コンサルタントを取得した社員が講師となって開催し、
日々の安全活動は建設現場の安全パトロールを通して指導を実践しています。